TOP

CoD MWR マップ「VACANT」屋内と屋外に分かれた人気マップ

スポンサーリンク

CoD MWRに登場するマップ「VACANT」について紹介します。屋内と屋外にリスポーンが分かれる人気マップ。狭いマップだが、狙撃場所は複数あるので注意すること。

キルストリークのヘリコプターは、相手が屋外にいるときに使用しましょう。

「VACANT」マップ概要

屋内ではSGが活躍し、屋外ではSRが活躍する面白い造りのマップです。屋外の方が若干有利であり、マップ上に敵を押し込めば一方的な試合展開になります。

前進し過ぎるとリスポーンが直ぐに変わるので注意。

FFA(フリーフォーオール)

赤点白矢印部分がリスポーン地点であり、屋内に集中する模様。SMGまたはSGでの戦闘が基本です。

もしSRやLMGを使うのであれば、屋内から出てくる相手を屋外から迎撃すること。間違っても屋内に入らないように。

TDM(チームデスマッチ)

屋内の競合部分(画像の赤枠部分)の制圧が肝となります。もし制圧できないと逃げ道がなくなり一方的にキルされます。

屋内スタートの場合、狙撃場所(画像の青丸部分)が限られるためSRはあまり有効ではありません。競合部分を制圧してからSRのカスタムクラスに切り替えましょう。

ヘリコプターを要請する場合は、屋内リスポーンになってから。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。