TOP

師団「山岳」【CoD WWII】特徴やレベル毎の効果を紹介【WW2】

スポンサーリンク

CoD WWIIに登場する師団「山岳」について、山岳の特徴やレベル毎の効果を紹介します。

過去作の「ゴースト」「デッドサイレンス」が同時に発動するため、隠密に移動し裏取りするならばこのカスタムがいいでしょう。

「山岳」の特徴

過去作同様、スコアストリークの偵察機が非常に重要となるためミニマップに映らなくなるのは相手にとって脅威となります。

また、足音で敵の位置を判断することもFPSでは重要なので、足音が出ないのも脅威となります。

走り回って敵をキルしやすくなりますが、サプレッサーを付けられないのが従来と異なります。

レベル毎の効果

ランクマッチで得られる経験値でレベルが解放されます。

レベル 効果
1 スナイパーシャープシューター
2 移動中、敵の偵察機に見つからなくなる
3 プレイヤーの操作するストリークに表示されない
4 物音をたてずに移動可能

山岳1

SRにのみに効果あり。

山岳2

過去作では「ゴースト」といわれるパークと同じ効果であり、敵の偵察機が出ている場合にミニマップに表示されなくなります。

アタッチメントにサプレッサーはなく、師団「空挺」のみ装備できるため、ゴースト+サプレッサーは本作では使用できません

山岳3

スコアストリークの滑空爆撃などで赤枠表示されなくなり、敵からは見つけ難くなります。

山岳4

本作は足音が聞こえやすく、足音で索敵するプレイヤーも多いため非常に有効です。

山岳のプレステージ報酬

・師団のレベル4最大まで経験値を積むとプレステージすることができる

・師団のプレステージは1つの師団で4回することができる

・1回目は武器と基礎トレーニング、2回目はコーリングカード、3回目はユニフォーム、4回目は武器のエピックとなっている

プレステージ1

スナイパーライフル「KAR98K」、基礎トレーニング「インコンスピキュアス」をアンロックできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。