TOP

さくせん【ドラクエ11/DQ11】システム詳細 伝統である6種類の戦術

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト11のシステム「さくせん」について紹介します。ドラクエシリーズ伝統のシステムであり、味方のコマンドをAIに任せることができ、6種類に分かれています。

敵や味方のHP・MPを考慮して選択しましょう。AIはあまり賢くないため基本は「めいれいさせろ」が良いです。

ガンガンいこうぜ

HPやMPを気にせず、攻撃呪文・特技をガンガン使っていくスタイルです。MPが多い時や回復可能な場所が近くにある場合に有効です。

回復を行わないため、長期戦では全滅する可能性が高くなります。

バッチリがんばれ

HPに余裕があれば攻撃や補助呪文、少ないときは回復とバランスの取れた作戦です。ただし1種類の特技や呪文しか使わないなどクセが強いため、予想とは異なる行動をとりがちです。

いろいろやろうぜ

予想がつかない色々な呪文や特技を使うため、バッチリがんばれと似ています。使用頻度が低いため、特に選ぶ行動がない時に使ってみてはいかがでしょうか。

MPつかうな

MPを一切使わないため、ダンジョン内でMPを温存したいときに役立ちます。ドラクエ11ではアイテムは使用しないため、ほとんどが通常の攻撃となります。

いのちだいじに

回復や蘇生の呪文・特技を覚えていれば積極的に使うようになります。HPが少しでも減っていれば回復するため、MPを節約したい場合はオススメできません。

しかし、ボスから攻撃を受けても同ターン内で回復できるなどメリットもあります。

めいれいさせろ

プレイヤー自身で行動を選択します。基本はめいれいさせろで良いですが、行動選択の時間短縮などの場合はAIに選択させるといいでしょう。

システム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。