TOP

GT SPORT「コルベット Stingray (C7)」シボレー/性能/入手方法

「コルベット Stingray (C7)」性能

基本情報

車名 コルベット Stingray (C7)
年式 2014
メーカー シボレー
カテゴリ N500 アメリカ

スペック

総排気量 -[cc]
駆動形式 FR 吸気形式 NA
最高出力 460[PS]/6000[rpm]
最大トルク 63.5[kgfm]/4500[rpm]

パフォーマンス

最高速 9.4
加速 4.0
ブレーキング 1.9
コーナリング 1.8
安定性 5.1

外観・仕様

全長 4495mm 全幅 1877mm
全高 1235mm 重量 1500kg

「コルベット Stingray (C7)」入手方法

ブランドセントラル:Cr.5,100,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「コルベット Stingray (C7)」説明

スポンサーリンク

2013年、7代目となる新しいコルベット「C7」が2014年モデルとして登場し、再びスティングレイを名乗ることになった。スタンダードモデルはコルベット至上最強であり、461PS/63.6kgfmとなる。オプション装備時は466PS/64.3kgfmとなる。

12種類の車両特性をドライバー環境に合わせる「アドバンス・ドライバー・テクノロジー」は、5段階のドライブモードセレクターを装備している。新型7MTは次のギア選択を予想し、シフト時にエンジンスピードを完璧に合わせる「アクティブ・レブマッチング機能」を導入している。

新造っ文には最先端技術を組み合わせた6.2L LTIアルミV8エンジンを採用し、バツグンの高効率燃費を実現している。ボディに軽量素材を多用しているのはもちろん、新型アルミフレームの後方に重量をオフセットし、50:50に近いウェイトバランスと世界トップクラスのパワーウェイトレシオも実現した。空力もレース譲りのデータを元にスタビリティの向上を図っている。

サーキット走行が可能なZ51パフォーマンスパッケージは電子LSD、ドライサンプ形式の潤滑システム、統合制御ブレーキ、ディファレンシャル及びトランスミッション冷却システムなどを装備している。0-60マイル(0-97km/h)加速はなんと3.8秒、反対に時速60マイルから完全停止への原則は107フィート(32.61m)のブレーキ性能を誇り、コーナーでは1.03Gを発生する。バージニア・インターナショナルレースウェイの4.2マイル(6.7km)グランドコースでは2分51.78秒のラップタイムをたたき出した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。