TOP

GT SPORT「コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT」三菱/性能/入手方法

「コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT」性能

基本情報

車名 コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT
年式
メーカー 三菱
カテゴリ Gr.X 日本

スペック

総排気量 3000[cc]
駆動形式 4WD 吸気形式
最高出力 510[PS]/7500[rpm]
最大トルク 103.5[kgfm]/1000[rpm]

パフォーマンス

最高速 7.0
加速 8.0
ブレーキング 4.1
コーナリング 4.2
安定性 7.2

外観・仕様

全長 4462mm 全幅 2262mm
全高 1352mm 重量 1350kg

「コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT」入手方法

ブランドセントラル:Cr.100,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT」説明

スポンサーリンク

ダカールラリーや世界ラリー選手権(WRC)などで輝かしい実績を持つ三菱自動車が、ビジョングランツーリスモのために企画したスペシャルコンセプトモデルが、この「三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョングランツーリスモ」である。

三菱自動車は、デザインチーム、先行車両研究グループ、空力技術開発グループなど、通常のモータースポーツ車両と同様の企画・開発体制によって、このスペシャルコンセプトモデルを創造した。

スタイリングは、2013年の東京モーターショーに参考出品した「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」の基本コンセプトを踏襲しつつ、これまでの数々のモータースポーツ活動を通じて培ってきたノウハウを細部まで注ぎ込み、精悍なレーシングマシンに進化させた。

デザインコンセプトである「アスリートフォルム」をさらに進化させ、走りの機能をよりアグレッシブに表現している。象徴的なフロントグリルは、三菱自動車の次世代SUVのアイデンティティのスタディであり、スリーダイヤマークを基点として後方に向かってウェッジしていく様は、アスリートがクラウチングスタートを切る瞬間の緊張感や瞬発力を表現している。

プラグインハイブリッドEVシステムの先行開発技術を採用により、モーターの持つ瞬発力とエンジンの力強いトルクが、8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を介して4輪に伝達される。圧倒的な動力性能は、車輌運動統合制御システム「S-AWC」によって4輪へ最適に駆動力を配分することで、ドライバーの意のままのハンドリングを実現している。また、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の採用によるボディの軽量化が、機敏な運動性能の実現に大きく寄与している。前後のディフューザーを含むエアロフォルムが生み出すダウンフォースによって、高い旋回性能を実現している。さらに20インチの大径アルミホイールが強靭な足腰を連想させ、力強い造詣の前後フェンダーは、まさに研ぎ澄まされたアスリートの筋肉とシンクロする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。