TOP

GT SPORT「シボレー シャパラル 2X VGT」性能/入手方法

「シボレー シャパラル 2X VGT」性能

基本情報

車名 シボレー シャパラル 2X VGT
年式
メーカー シャパラル
カテゴリ Gr.X アメリカ

スペック

総排気量 -[cc]
駆動形式 - 吸気形式
最高出力 918[PS]/9100[rpm]
最大トルク 81.2[kgfm]/6200[rpm]

パフォーマンス

最高速 10.0
加速 4.4
ブレーキング 4.3
コーナリング 4.2
安定性 5.8

外観・仕様

全長 -mm 全幅 -mm
全高 -mm 重量 450kg

「シボレー シャパラル 2X VGT」入手方法

ブランドセントラル:Cr.100,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「シボレー シャパラル 2X VGT」説明

スポンサーリンク

独創的なアイデアとロジカルな実験精神によって、モータースポーツの世界を変革してきたシャパラル。この伝説のブランドが「グランツーリスモ」を通じて復活を果たした。それがシボレー シャパラル 2X ビジョングランツーリスモである。

ル・マン24時間レースにおいて新技術をプロモートするための出場枠、「ガレージ56」のための実験用プロトタイプとして生み出された2Xは、まさにモータースポーツの未来そのものである。そのスタイリングは、手と足の間に布を張った滑空用ウィングスーツの飛翔感とモトGPバイクの疾走感からインスピレーションを得たという。

しかもシボレーが考案したこのマシンの動力源は、前代未聞のレーザーパルス。2Xはレーザーパルスが生み出す衝撃波で周囲の大気を旧過熱させ、その膨張力でロケットのようにサーキットを駆け抜ける。

2Xのパイロットは頭を先にしてマシン上に伏せ、あたかも路面の数センチ上を浮遊するかのような感覚で走行する。そのドライビングポジションは極めてエキサイティングで、4輪レースカーとしてはかつてない一体感を生み出すものである。

2Xの独創的なデザインと構造は、すべてがこの前傾フライト型のドライビングポジションから生まれた。手足の先にはそれぞれ独立して動くコントローラーがあり、このコントローラーが摩擦ロスのない電磁ベアリングとホイールにつながっている。車両の加減速や旋回はこの究極ともいえる4点コントローラーと身体の動きで行う。ブレーキングではブレンボ製の電磁回生キャリパーと、ボディに組み込まれたエアブレーキパネルが協調して作動する。

一体構造のボディ骨格は、カーボンファイバーを積層させた「レイアップ・スケジュール」という手法で作られている。このボディはそれ自体に弾性があり、4輪のサスペンションとしても機能する。メインボディには超高圧レーザーパルスを生み出す動力装置が組み込まれているが、レーザーパルスは絶対的な精度を持つラストパラボラを通じてレーザーコーンへと照射される。急膨張する空気の流路には複数枚の羽根が備えられており、この羽根の制御と下方にあるベクタリングパネルによって、推進力とダウンフォースが同時に得られる仕組みである。このテクノロジーのおかげでパイロットは自由なダウンフォースのマネジメントが可能になる。タイヤの接地面を路面に押し付け、最もグリップを必要とする区間で強烈なダウンフォースを得ることが出来る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。