TOP

GT SPORT「チャージャー SRT Hellcat」ダッジ/性能/入手方法

「チャージャー SRT Hellcat」性能

基本情報

車名 チャージャー SRT Hellcat
年式 2015
メーカー ダッジ
カテゴリ N700 アメリカ

スペック

総排気量 6161[cc]
駆動形式 FR 吸気形式 SC
最高出力 717[PS]/6000[rpm]
最大トルク 89.8[kgfm]/5000[rpm]

パフォーマンス

最高速 9.4
加速 3.7
ブレーキング 2.0
コーナリング 1.9
安定性 4.6

外観・仕様

全長 5088mm 全幅 1885mm
全高 1478mm 重量 1980kg

「チャージャー SRT Hellcat」入手方法

ブランドセントラル:Cr.7,680,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「チャージャー SRT Hellcat」説明

スポンサーリンク

2014年に発表されたチャージャーSRTヘルキャットは、1966年から断続的に続いてきたダッジ チャージャーの歴史の中でもひときわ高い性能が与えられたプロダクションモデルである。

2005年にデビューした第3世代チャージャーは、往年のマッスルカーを想起させる筋骨のたくましいスタイリングデザインと、クライスラー系高性能エンジンの象徴である「ヘミ」ユニットを主力とするエンジンラインナップなどから、実にアメリカらしい高性能4ドアセダンとして公表を得ていた。ラインナップの中には477PSを発揮する6.4Lヘミを搭載する協力なモデルも存在した。

しかし、このヘルキャットはそれとは桁違いのパワーを誇っている。クライスラーの高性能モデル開発チーム、SRTの手で念入りに開発を進め、6.2Lヘミをスーパーチャージャーなどでチューンナップした、最高出力717PS、最大トルク81.6kgfmという驚異的なアウトプットを誇るエンジンを搭載している。強化型の8速ATとの組み合わせで、0-60マイル(0-97km/h)加速タイム3.7秒、最高速度328km/hというスーパーカー並みのパフォーマンスを叩き出している。

メカニズム的には一足先に2ドアクーペの兄弟版であるチャレンジャーに設定されたヘルキャットとほとんど同一といえる仕様ではあるが、1/4マイルを11秒で駆け抜けるというその数値は、チャレンジャーよりも0.2秒速い。これらの数値は並み居るヨーロッパ製のライバル達を凌いでおり、世界最速の4ドアセダンとなった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。