TOP

GT SPORT「フォーカス ST」フォード/性能/入手方法

「フォーカス ST」性能

基本情報

車名 フォーカス ST
年式 2015
メーカー フォード
カテゴリ N300 アメリカ

スペック

総排気量 1999[cc]
駆動形式 FF 吸気形式 TB
最高出力 254[PS]/5500[rpm]
最大トルク 37.2[kgfm]/2500[rpm]

パフォーマンス

最高速 5.7
加速 2.5
ブレーキング 1.7
コーナリング 1.4
安定性 5.2

外観・仕様

全長 4361mm 全幅 1821mm
全高 1483mm 重量 1462kg

「フォーカス ST」入手方法

ブランドセントラル:Cr.2,925,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「フォーカス ST」説明

スポンサーリンク

フォーカス STは、フォードがデビューした1998年からシリーズにラインナップされ続け、常に高い評価を得てきた、フォーカスのスポーツモデルである。「ST」とは「スポーツ・テクノロジー」の略である。

3代目フォーカス STが発表となったのは2010年のパリ・モーターショーである。メカニズムにおける先代との最も大きな違いは、パワーユニットがボルボ製をベースにした2.5L 直5ターボから、2.0L直4直噴ターボの「EcoBoost」ユニットへとダウンサイジング化が図られていたことだった。いうまでもなく、その目的はCO2排出量を減らし燃費性能を高めるためであったが、排気量を500cc小さくしながら、パワーは25PSも向上させた250PSを実現している。トランスミッションは、多くのモデルが2ペダルを採用する中、6速MTのみという硬派な仕立てである。

2014年にフェイスリフトを受けて後期型となったが、同時にサスペンションのセッティングの全体的な見直しやパワーステアリングの可変レシオの変更、スタビリティプログラムの見直し、トルクベクタリングシステムの追加などが施され、それまでも決して評価が低いわけではなかったのに、改めてシャシーまわりに徹底した改良の手が入れられている。

その甲斐あってハンドリングの評価はますます高まり、Cセグメントのいわゆるホットハッチ系ではトップクラスとなる。それでいて価格はライバル達よりも低い設定となっている。モデル末期に差し掛かり始めて再び、ヨーロッパの車好きの間で大きく注目を集めたのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。