TOP

GT SPORT「ポルシェ 919 Hybrid (Porshe Team)」性能/入手方法

「ポルシェ 919 Hybrid (Porshe Team)」性能

基本情報

車名 ポルシェ 919 Hybrid (Porshe Team)
年式 2016
メーカー ポルシェ
カテゴリ Gr.1 ドイツ

スペック

総排気量 2000[cc]
駆動形式 4WD 吸気形式 TB
最高出力 508[PS]/7500[rpm]
最大トルク 53.4[kgfm]/4500[rpm]

パフォーマンス

最高速 9.2
加速 6.9
ブレーキング 6.0
コーナリング 6.0
安定性 7.5

外観・仕様

全長 4650mm 全幅 1990mm
全高 1050mm 重量 875kg

「ポルシェ 919 Hybrid (Porshe Team)」入手方法

ブランドセントラル:Cr.100,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「ポルシェ 919 Hybrid (Porshe Team)」説明

スポンサーリンク

919 ハイブリッドは、ポルシェが世界耐久選手権やル・マン24時間レースを戦うために開発したプロトタイプスポーツカーである。2014年からの導入が決まっていた新レギュレーションに合わせて開発されたLMP1-Hことハイブリッドプロトタイプのマシンで、同年のジュネーブショーで初公開された。

基本構造としては、カーボンコンポジットによるモノコックに2LのV型4気筒ターボエンジンをミッドシップにレイアウトした。リチウムイオンバッテリーを採用し、フロントアクスルにはKERSの発展版であるERSを備えた前輪駆動である。

システム合計900PSのパワー配分はエンジンからリアアクスルに500PS、ハイブリッドシステムからフロントアクスルに400PSという構成である。それが875kgの車体を静止状態から100km/hを2.2秒、200km/hを4.8秒で駆け抜けさせる。

また視界確保や操作性を考えてシート位置を高めに設定するとともに室内空間を広く取り、車体のサイドパネルを防弾ベストと同様の素材で強化するなど、ドライバーの安全を最大限考慮した設計も特徴的である。

実践デビューは予定通り2014年。その年は世界耐久選手権の最終戦で1勝を挙げるに留まったが、2015年シーズンにはキープコンセプトでありながらも重量配分の最適化などを目的にシャシーの設計を変えて挑み、ル・マン24時間レースでの17回目の総合優勝を含む8戦6勝という圧倒的な強さを見せてシリーズを制覇した。続く2016年シーズンはマシンの熟成を図り、ル・マン24時間レースを連覇したばかりか、マニファクチャラーとしては6戦目を終えた時点で優勝5回、2位1回という驚異的な戦績を残している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。