TOP

GT SPORT「ロードスター S (ND)」マツダ/性能/入手方法

「ロードスター S (ND)」性能

基本情報

車名 ロードスター S (ND)
年式 2015
メーカー マツダ
カテゴリ N100 日本

スペック

総排気量 1496[cc]
駆動形式 FR 吸気形式 NA
最高出力 130[PS]/7000[rpm]
最大トルク 15.3[kgfm]/5000[rpm]

パフォーマンス

最高速 4.1
加速 2.8
ブレーキング 1.3
コーナリング 1.1
安定性 4.9

外観・仕様

全長 3915mm 全幅 1735mm
全高 1235mm 重量 990kg

「ロードスター S (ND)」入手方法

ブランドセントラル:Cr.2,495,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「ロードスター S (ND)」説明

スポンサーリンク

マツダ ロードスターの第4世代となる「ND」型が初めて実態を伴って公開されたのは、2014年4月のニューヨークショーでのこと。エンジンから駆動系、サスペンションなどがマウントされた状態のシャシーのみの展示だったが、その姿からは、重量物を車体のセンターに近づけ低くマウントしていること、大幅な軽量化を図っていること、人間が車体中心よりやや後ろ側に座るレイアウトであることなどがはっきりと判り、ファンの期待を大きく高めた。

次の大きな動きは同年9月、日米欧の3箇所で同時にスタイリングを公開、2015年の発売開始を発表した。ノーズとショルダーラインが低く、全体的にワイド&ローで優美な曲線を見せるボディは、グラマラスでありながら先代NC型より僅かに小型化されており、サイズ感も含め、世界的に好評を持って受け止められた。

そして2015年に入り、情報がどんどん具現化する。サイズは3915mm×1735mm×1235mm、ホイールベースは2310mm、車重は990kg~1060kg、パワーユニットは自然吸気の1496cc直列4気筒DOHCで131PS/15.3kgfmを発揮する。トランスミッションは6速MTとトルコン式ATの2本立て。

2015年3月には予約注文が開始され、グレード展開が明らかになった。ベーシックなS、走りの質を上げたS スペシャルパッケージ、豪華仕様のS レザーパッケージの3種となっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。