TOP

GT SPORT「4C GR.3」アルファロメオ/性能/入手方法

「4C GR.3」性能

基本情報

車名 4C GR.3
年式
メーカー アルファロメオ
カテゴリ Gr.3 イタリア

スペック

総排気量 -[cc]
駆動形式 MR 吸気形式 TB
最高出力 502[PS]/8000[rpm]
最大トルク 50.9[kgfm]/5500[rpm]

パフォーマンス

最高速 6.3
加速 5.6
ブレーキング 3.9
コーナリング 3.9
安定性 5.9

外観・仕様

全長 4340mm 全幅 1950mm
全高 1182mm 重量 1220kg

「4C GR.3」入手方法

ブランドセントラル:Cr.45,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「4C GR.3」説明

スポンサーリンク

アルファロメオ 4Cは、2013年に発売された同社初の量産ミッドシップスポーツカーである。

この車の最大の特徴は、徹底的に軽さを追求し、優れた運動性能を得ていること。基本骨格はカーボンモノコックににアルミ製サブフレームの組み合わせだが、単体重量がたった65kgというモノコックは、強靭で軽量である反面、コストと手間のかかるプリプレグ方式で作られている。またエンジンも基本設計こそジュリエッタ用の直4 1742cc直噴ターボと同じながら、シリンダーブロックの素材をアルミに変えるなどして22kgの軽量化が図られた。そのため本国仕様の乾燥重量は895kgと極めて軽い。

パワーユニットは最高出力240PS、最大トルク35.7kgfmと決して強烈といえるスペックではないものの、6速のデュアルクラッチ式2ペダルトランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速タイム4.5秒、最高速度257km/hという素晴らしいパフォーマンスを実現している。

歴史的な名車であるティーポ 33/2 ストライダーレをモチーフにした、いかにもミッドシップらしいスタイリングも含め、小さなスーパーカーとでもいうべきスポーツカーである。

4Cには発売記念限定モデルとして世界で1000台のみ販売される、ローンチエディションが設定された。専用のカーボン製ヘッドランプベゼル、ドアミラー、リアスポイラーなどが与えられたほか、スポーツサスペンションやスポーツエキゾーストなどが標準で備わっている特別仕様である。発売と同時に生産が追いつかないほどの人気を得た4C同様、ローンチエディションもまたたく間に売り切れたという。

なお、この車両はグランツーリスモがGr.3のレギュレーションに合わせて特別にチューニングしたモデルである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。