TOP

GT SPORT「650S Coupe」マクラーレン/性能/入手方法

「650S Coupe」性能

基本情報

車名 650S Coupe
年式 2014
メーカー マクラーレン
カテゴリ N700 イギリス

スペック

総排気量 3799[cc]
駆動形式 MR 吸気形式 TB
最高出力 650[PS]/7500[rpm]
最大トルク 69.2[kgfm]/6000[rpm]

パフォーマンス

最高速 9.6
加速 4.7
ブレーキング 2.0
コーナリング 2.0
安定性 5.2

外観・仕様

全長 4512mm 全幅 1908mm
全高 1199mm 重量 1330kg

「650S Coupe」入手方法

ブランドセントラル:Cr.34,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「650S Coupe」説明

スポンサーリンク

650Sは、2014年のジュネーブショーで正式に発表されたマクラーレン製のスーパーカーである。マクラーレンが本格的にスーパーカー事業の参入して最初のモデル、MP4-12Cの事実上の後継車となる。

当初はMP4-12Cのハイパフォーマンス版として計画されたこともあって、その基本構造をMP4-12Cから踏襲した。極めて軽く高剛性な骨格であるカーボンモノセルも共通で、車重も1360kgとほとんど変わらない。

スタイリングもフロントマスクこそフラッグシップのP1に似たイメージを持つが、それは空力性能をさらに高めるためのフェイスリフトである。リアから見ればMP4-12Cほとんどそのままで、その発展版であることが理解できる。

車名が示唆する通り、650Sのパワーユニットは従来からの3.8L V8ツインターボを650PS/69.1kgfmまでチューンナップしたもの、組み合わせる7速のデュアルクラッチトランスミッションは、より素早く滑らかに変速するよう改良され、さらにはノーマル、スポーツ、トラックと3つのモードから選べるドライブモードセレクターも備わった。

プロアクティブシャシーコントロールと呼ばれるサスペンションも機構的には変化はないが、マクラーレン製スーパーカーの特徴である快適な乗り心地はそのままに、よりシャープな反応を得られるようセッティングが見直された。

またいうまでもなく、一種のトルクベクタリング機構であるブレーキステアや空力ブレーキとしても機能する可変式リアウィングなどは、そのまま踏襲されている。

0-100km/hは3.0秒、0-400km/hは10.5秒、そして第高速は333km/hをマークする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。