TOP

GT SPORT「DS3 Racing」シトロエン/性能/入手方法

「DS3 Racing」性能

基本情報

車名 DS3 Racing
年式 2011
メーカー シトロエン
カテゴリ N200 フランス

スペック

総排気量 1598[cc]
駆動形式 FF 吸気形式 TB
最高出力 206[PS]/6000[rpm]
最大トルク 27.9[kgfm]/2000[rpm]

パフォーマンス

最高速 5.2
加速 2.5
ブレーキング 1.5
コーナリング 1.2
安定性 5.3

外観・仕様

全長 3948mm 全幅 1717mm
全高 1443mm 重量 1165kg

「DS3 Racing」入手方法

ブランドセントラル:Cr.3,600,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「DS3 Racing」説明

スポンサーリンク

シトロエン DS3は、2009年に発表されたプレミアムコンパクトカーである。プラットフォームをはじめとした基本メカニズムは同時に発表されたC3と共有するが、DS3はそれまでの「C」シリーズとは異なる、高級車としてのライン「DS」シリーズの第1弾であり、C3よりもさらに個性的なスタイリングデザインと上質さで仕立てられた。

さらにDS3は世界ラリー選手権を戦うシトロエンのC4WRCの後を継ぐラリー・マシンのベースにもなっており、2011年から実践を走り始めたDS3 WRCは、その年セバスチャン・ローブのドライブでマニファクチャラーとドライバーというふたつのタイトルを獲得している。

その前年、2010年のパリ・モーターショーで発表されたDS3レーシングは、このWRCを戦うコンペディション部門、シトロエン・レーシングが開発を担当したスペシャルモデルである。

搭載するDS3スポーツシック用1.6L直噴ターボは、そのターボやエキゾースト系などに手を入れることで156PS/24.5kgfmから207PS/28.0kgfmへ。またシャシーもトレッドを30mm拡大するとともに車高を15mm下げ、専用のダンパーとスプリングを採用した。ブレーキも4ピストンキャリパーや大径ブレーキローターへ変更し、タイヤも17インチから18インチへと高性能化を図るなど、クルマ全体にチューンナップが施されている。また大胆なカラーリングが内外装に施されていて、他のDS3とは一線を画す雰囲気を醸し出していた。

当初は世界限定1000台と発表されたが、あまりにも好評で2011年に2000台が追加生産されるほどの人気モデルとなった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。