TOP

GT SPORT「ヒュンダイ N 2025 VGT」性能/入手方法

「ヒュンダイ N 2025 VGT」性能

基本情報

車名 ヒュンダイ N 2025 VGT
年式
メーカー ヒュンダイ
カテゴリ Gr.X 韓国

スペック

総排気量 -[cc]
駆動形式 4WD 吸気形式
最高出力 883[PS]/9000[rpm]
最大トルク 150.2[kgfm]/1000[rpm]

パフォーマンス

最高速 10.0
加速 3.9
ブレーキング 4.4
コーナリング 4.5
安定性 5.8

外観・仕様

全長 4678mm 全幅 2265mm
全高 933mm 重量 972kg

「ヒュンダイ N 2025 VGT」入手方法

ブランドセントラル:Cr.100,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「ヒュンダイ N 2025 VGT」説明

スポンサーリンク

ヒュンダイN 2025ビジョングランツーリスモは、ヒュンダイの高性能者部門を担う新ブランド「N」の情熱を表現すると同時に、ヒュンダイ創立50周年となる2017年を記念すべく作られたモデルである。その中身は、「N」が今後リリースするモデルのハイパフォーマンスぶりを垣間見せ、「最もスリリングなワインディングロード体験」を体現するものとなっている。

2015年現在、持続可能性のあるパワートレインとしてハイブリッドが注目を集めているが、N 2025ビジョングランツーリスモが採用したのは、今後大きなムーブメントとなると予想される水素燃料電池である。電気モーターを動力源とすることで環境負荷を下げながらも瞬時に反応するワインディングロードのモンスターに仕上げることに成功している。

燃料電池そのものを開発したのは、ヒュンダイ自動車のテクノロジーの中枢ナムヤンR&Dセンターだが、このパワートレインを「N」の名にふさわしい高性能の心臓部として採用したのはヒュンダイ・アメリカ・デザインセンターのデザイナー達である。さらにヒュンダイ自動車のサウンドデザイン・リサーチ研究所が、ユニークなFCEVスポーツサウンドシステムを開発。エキサイティングかつエコフレンドリーなこの車が、人間の感情に訴える力を最大限に発揮できるよう仕立て上げた。こういったテクノロジーを武器に、N 2025ビジョングランツーリスモは、ヒュンダイ自動車の持つスポーツドライビングへの大きな潜在能力を具現化している。

前述したパワートレインは2013年に世界で初めて量産されたヒュンダイ製燃料電池であり、デュアル燃料電池スタックは500kW(680PS)を発生するが、150kW(204PS)が加わり、システムのトータル出力は650kW(884PS)となる。これらのパワーはエコフレンドリーなシステムから出力され、4つの独立した高出力ホイール内臓モーターを通じ、盤石なトラクションを生み出す。コンパクトで軽量な燃料電池スタックとフレキシブルなCFRPモノコック構造が実現した車重は972kg。世界の名だたるスーパーカーたちと同等のパワーウェイトレシオを実現した。このマシンの最高のステージとなるのは難易度の高いサーキットだろう。低い銃身とIIDC(インディペンデント・インホイール・モータードライブ・コントロール)が最も効果的に働き、特にシケインでは息を飲むような挙動を見せる。

エクステリアのコンセプトはパイロットや宇宙飛行士が宇宙旅行実現のために命を懸けて訓練したロジャース・ドライレークで行われたテストにインスピレーションを受けている。この地域の星上がった池である「ムロック」で実現したイノベーションと大胆不敵なスピリットがインスピレーションとモチーフになった。このマシンのニックネームである「ムロック」もここに由来する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。