TOP

GT SPORT「R8 LMS (Audi Sport Team WRT) 」アウディ/性能/入手方法

「R8 LMS (Audi Sport Team WRT)」性能

基本情報

車名 R8 LMS (Audi Sport Team WRT)
年式 2015
メーカー アウディ
カテゴリ Gr.3 ドイツ

スペック

総排気量 5200[cc]
駆動形式 MR 吸気形式 NA
最高出力 594[PS]/8100[rpm]
最大トルク 56.0[kgfm]/6500[rpm]

パフォーマンス

最高速 7.0
加速 5.5
ブレーキング 4.0
コーナリング 4.0
安定性 5.6

外観・仕様

全長 4583mm 全幅 1997mm
全高 1171mm 重量 1225kg

「R8 LMS (Audi Sport Team WRT)」入手方法

ブランドセントラル:Cr.45,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「R8 LMS (Audi Sport Team WRT)」説明

スポンサーリンク

アウディ R8をベースにしたFIA-GT3規定のレーシングカー、R8 LMS/R8 LMSウルトラは世界中のGTレースで活躍を収めてきたが、2015年3月、市販R8のフルモデルチェンジに合わせてレーシングカーR8 LMSにもモデルチェンジが行われた。

第2世代のR8 LMSで最も重視されたのは、安全性である。車体前後に設けられたクラッシャブル構造や、LMP用マシンから転用したアウディ・プロテクションシート「PS1」の採用、DTM同様のルーフ上の救助用開口部をGTマシンとして初めて採用するなど、モデルチェンジの事典で2016年シーズンから導入される予定の次期GT3規定の安全基準を上回っていた。

エアロダイナミクスにも大幅に手が入れられている。ほぼ安全にフラットとなったアンダーフロアと、設計変更で大型化されたディフューザーといったダウンフォースに関する部分をはじめ、ドライバーの疲労を最小限に抑えるためのコクピット内の空気の循環など、制約の多いGT3規定の中で可能な限りの改善が行われている。

そして量産型アウディ・スペースフレーム、量産ユニットと同じラインで作られるV10ユニットを使用しながら、構造と素材構成を見直すことで車重を25kgの軽量化に成功した。サスペンションは新たに設計し直された。加えて、パドルシフト付き6速トランスミッション、トラクションコントロールも新開発のものが採用された。およそ50%のパーツを量産車と共用しているが、必要な個所には徹底的に手が入れられている。

この第2世代のR8 LMSは発表直後のニュルブルクリンク24時間レースで実践デビューを果たし、総合優勝を果たしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をツイートまたは【Proiide】をフォローする

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。