TOP

GT SPORT「トヨタ S-FR Racing Concept」トヨタ/性能/入手方法

「トヨタ S-FR Racing Concept」性能

基本情報

車名 トヨタ S-FR Racing Concept
年式 2016
メーカー トヨタ
カテゴリ N400 日本

スペック

総排気量 1500[cc]
駆動形式 FR 吸気形式 TB
最高出力 354[PS]/6400[rpm]
最大トルク 45.8[kgfm]/5500[rpm]

パフォーマンス

最高速 6.4
加速 3.6
ブレーキング 1.8
コーナリング 1.9
安定性 5.4

外観・仕様

全長 4100mm 全幅 1735mm
全高 1270mm 重量 1150kg

「トヨタ S-FR Racing Concept」入手方法

ブランドセントラル:Cr.8,000,000

セッティング投稿一覧

セッティングは以下リンクから投稿できます。ご協力よろしくお願いします!

→セッティング投稿フォーム

No 車名 投稿者 コース

「トヨタ S-FR Racing Concept」説明

スポンサーリンク

2015年の東京モーターショーで発表されたトヨタ S-FR レーシングコンセプトである。全長3990mm、全幅1695mmというコンパクトなサイズに980kgという軽さ、ロングノーズにショートデッキのファニーなスタイリング、そしてフロントミッドシップの後輪駆動というプロフィールは、ドライビングの楽しさをストレートに予感させ、市販は未定という状況ながら会場を訪れた人たちの大きな注目を浴びた。

片側が20mmずつ張り出したオーバーフェンダー、エンジンフード上の大胆なエアアウトレット、そして大型のフロントスポイラーやリアウィング、サイドステップやリアディフューザーといったカーボン製の空力パーツ類が、可愛らしい印象だったS-FRコンセプトにGTマシンを彷彿とさせる迫力を与えている。

ストリート仕様を想定したS-FRコンセプトの車高が1320mmだったのに対し、こちらは1270mmと50mm低められており、ロードクリアランスがほとんどないことから、サスペンションがかなり固められていることが想像された。またブレーキはフロントにドリルドディスクが採用され、キャリパーは対向型の4ポット式である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

他の車はここから検索できます!

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。