TOP

【アリバト】クラピカ「見違えた成長」性能・効果・評価【ハンターハンターアリーナバトル】

【所属GPリンク】
287期受験生 マフィアン 幻影旅団 フリー
【レアリティリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク
【アクションカードリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク

「見違えた成長」クラピカ 性能

基本情報

クラピカ
カード名 「見違えた成長」クラピカ
レアリティ A
No. 34
所属GP 287期受験生

攻撃性能

ATK 13 MAX ATK 16
能力 今度は相手になろう
特殊 盤面に自分の「287期受験生」のキャラカードが他に3枚以上ある場合、特殊ダメージを5与える
コンボ コンボヒット
特殊 特殊ダメージを9与える

→ATKランキングはこちらから

→能力一覧はこちらから

→コンボ一覧はこちらから

コスト

合計コスト 所属GPコスト フリーGPコスト
4[GP] 2[GP] 2[GP]

スポンサーリンク

「クラピカ」評価

5段階で評価をお願いします。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

詳細な評価は、下記のコメント欄にお願いします。

「クラピカ」説明

第287期ハンター試験合格者。賞金首ハンター。4月4日生まれの17歳。血液型AB型。ガイドブックでは身長171cm、体重59kg。
幻影旅団に滅ぼされた少数民族クルタ族の生き残りであり、同胞の仇を討ち奪われた仲間の眼球を取り戻すためにハンターとなる。
理知的で頭の回転が速く、ゴン一行の中で最も頭の切れる人物。突発的な事態にも即座に柔軟な対応をしながら、複雑な状況にも的確な判断を下す。相手の目を見て嘘や目論みを見抜くなど、洞察眼に優れ感覚が鋭い。
冷徹な理性に反し、精神的には繊細さをあわせ持つ。一度縁を結んだ相手に対しては徹底して義理堅く、弱者に対する同情心を持つ。また潔癖な性格で公正を重んじ、他者に誠実に相対しようとする。こうした性格から来る感情と、狡猾な思考が導き出す解が相反し、内的葛藤に苛まれる事も多い。潜在的には孤独感を抱え続けている。
プライドが高く孤立を好むが、自分が間違っているとわかれば素直に謝罪する。弱者、年少者、年長者、誠意のある者には優しく、無礼な強者には冷たく対応する。レオリオやイズナビ等の親しい者には特に辛辣な態度を取る反面、信頼も寄せている。様々な人物から注目を集める事が多いが、実際はごく簡単な分野で不器用な一面がある。自分の命の優先度が低く、過酷な体験からもう一度仲間を失うことを恐れている。

幼少期は無邪気な性格だったが、過酷な生い立ちを経て非常に警戒心の強い性格に変貌した。文語調の言い回しは幼少期に語学の参考書替わりに用いた小説の影響によるもの。そのため、独白ではクルタ族特有の言葉を使用している設定となり、言葉遣いも口語調になる。性格上、敬語を用いる相手は限定される。また、一人称は「私」だが、故郷に住んでいた時は「オレ」を使用していた。その後もモノローグでは「オレ」だが、まれにモノローグでも「私」を使用しているため、一人称が混在している。
イズナビ師匠との修業で念能力を習得した後にマフィアのノストラードファミリーに加わり、人体収集家でもある令嬢・ネオン=ノストラードのボディーガードとなる。旅団とマフィアンコミュニティーの抗争中に旅団のウボォーギンとパクノダを殺害。ダルツォルネ亡き後のネオン護衛団のリーダーに同僚達から推薦され、組長のライト=ノストラードから正式にリーダーに任命される。抗争終了後もネオン護衛団のリーダーを務めながら、ゴンらの協力を得て旅団との戦いを続ける。団長の念能力を封印してからは仲間の眼の回収を優先し、仕事に戻る。その後、ライト組長に代わり組の若頭として手腕を奮い、合法的な用心棒と賭博を収入源とする組織に転換させる。緋の眼奪還も進めており、所有者との取引では大抵の要求を受け入れる。レオリオの推薦で十二支んのメンバーに勧誘され、緋の眼を大量に所有する人物の情報と引き換えに承諾する。特にミザイストムとの連携が大きい。
BW号船内では、ワブル王子・オイト王妃の護衛に就く。自身の目的は、緋の眼を所有するツェリードニヒ王子と接触することである。人数不足の不利を補うべく、他勢力にあえて念の情報を教えることで味方を増やすという戦略をとる。
金髪に大きな目が特徴的な、少女めいた容姿。強面の多い同業者からやや浮いており、容姿の良さを変装や交渉に利用する場合もある。
ヨークシン編の終わりにて別れ、GI編ではゴンとの電話で登場するも、以降は長らく出番がなかった。会長選挙編のエピローグにて断片的に姿が描かれるも、セリフは無し。王位継承・暗黒大陸編からは主人公として再登場。0巻(クラピカ追憶編)でのインタビューでは作者は「クラピカや幻影旅団は全員死ぬ」と答えているが、明確なことはわかっていない。
体術は非常に優れている。念を習得する以前からヒソカに善戦し、旅団戦闘員筆頭であるウボォーギンを翻弄するほど身のこなしは素早いが、細身な体格のため肉体の単純な腕力が比較的弱く、体力もある方ではない。攻防力は、エンペラー状態で強制絶ウボォーギンをようやく上回れるという程度。仮に拳銃弾を撃たれたら、凝防御でもノーダメージでは済まないと本人は自己分析する。

■緋の眼
クルタ族の瞳は感情が昂ぶると鮮やかな緋色になり、戦闘力が大幅に上昇する。緋の眼は世界七大美色の1つに数えられ、闇市場において美術品として高値で売買されている。クルタ族は幻影旅団のウボォーギンが強さを評価するほどの一族だった。怒りや悲しみなど強い感情によって達する緋の色が最も深く鮮やかであるとされた事から、最終的にクルタ族は生きたまま凄惨な拷問を受け殺された。現在のクラピカは普段カラーコンタクトでクルタ族であることを隠している。生前のクルタ族は原作ではNo.000(0巻クラピカ追憶編)に登場しており、8巻のクラピカの回想では焼き討ちにされたクルタの里が描写されている。
クラピカは普段は具現化系能力者だが、緋の眼発動時には特質系能力者となる(後述の絶対時間)。緋の眼発動時に水見式を行うと、定型外の「水の色が変わると同時に葉が回る」という効果が現れる。

■絶対時間(エンペラータイム)
緋の眼になったとき、オーラの絶対量が激増し、具現化系から「全六系統の能力を100%の精度で使える特質系」に変化する。上がるのはあくまで能力の"精度"であり、クラピカの本来の系統である具現化系の"レベル"と同等に扱えるというものではない。先述のように、緋の眼は本来は感情が昂ったときなるものだが、クラピカは訓練により自分の意思で緋の眼発現のコントロールをできるようにした。
これ自体は何の外的効果もない補助的な能力だが、クラピカの鎖の能力と合わせると絶大な効力を発揮する。ただし、使用後の体力の消耗が非常に激しく、使用中は痛みが伴う[注 7]。その負担を軽くするために「絶対時間発動中は一秒につき一時間クラピカの寿命が縮む」と制約を設けたが、体への負担は依然重い。

■具現化した鎖(仮称)
具現化系能力で鎖を創り出し、右手の五指にそれぞれ1本ずつ計5本装備している。鎖の先端には、それぞれに付与された能力を象徴する形の錘が付いている。「一人で戦える能力」というクラピカの意図により、各鎖にはそれぞれ特有の能力が付与されているが、具現化系以外の能力を必要とする能力もあるため、通常時は効力の度合に差がある。戦闘時のみならず常時具現化しているのは、具現化鎖であることを隠すという戦略のためで、また一部の鎖は絶対時間のブーストをかけないと使い物にならない。操作系(または強化系)を装う・黒スーツの袖で隠す・隠で不可視化する・未知の能力が5個もある・特質系であることをあえて明かして具体的な能力をわからなくさせるなど、駆け引きにも用いられる。

■癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)
右手親指に創り出される、先端が十字架の鎖の能力。鎖を巻きつけた部分の自己治癒力を強化し傷を癒す、強化系の能力。平常時にはあまり大きな効果は見込めないが、『絶対時間』中は粉砕骨折すら数秒で完治させてしまう程の効果がある。クラピカ以外も回復させることが可能。

■奪う人指し指の鎖(スチールチェーン)
右手人指し指に創り出される、先端が注射器の鎖の能力。他者に刺してオーラを吸い取ることで、その者の念能力を預かることができる。また、吸い続ける事で強制的に絶と同じ状態にすることも可能。絶対時間を発動しなければ(預かるだけで使用しないならば)ノーリスクで使用可能。一度に奪える能力は1つだけ。
5つの鎖の中で一番最後に判明した能力だが、単に登場が遅くて不明だったのではなく、当初は念の師匠からのアドバイスにより、「たった一人でも戦い抜ける能力にするために、後の状況に対応できるようにあえて空けておいた」ものだと語られた。つまり、独り立ちしてから自身で追加した能力である。

■人指し指の"絶対時間"(ひとさしゆびのエンペラータイム、ステルスドルフィン)
鎖で念能力を預かった後、絶対時間を発動させることにより、 メカニカルな喋るイルカ型の念獣(ステルスドルフィン)が出現する。鎖の注射器で吸ったオーラをドルフィンにセットすると、預かった能力を解析して1度だけ使用できるようになる。このドルフィンはクラピカと、能力によりドルフィンを預けた仲間(後述)にしか知覚できず、凝を使っても不可知である。
奪った(預かった)能力を使用するまでは絶対時間とドルフィンを解除できないという制約がある。能力を使用するとドルフィンは消滅し、吸い取ったオーラは持ち主に返還される。つまり難条件の能力をドルフィンにセットしてしまうと、使えないままに絶対時間で寿命が削られ続けるという事態に陥ってしまう。
他の人間に注射すると、預かった能力とドルフィンがその者へと譲渡される(特質系貸与型に属する能力)。すると注射器に空きができるので、クラピカは他の念能力者のオーラを吸い取ることができるようになる。ドルフィンを預けられた人間が非念能力者だった場合は、能力の行使に加えて念の視認もできるようになり、ドルフィンを解除したときには副作用で念を目覚めさせることになる。念講習会では「2週間」という異例の短期間で受講者に念を会得させるために用いた。

■束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)
右手中指に創り出される、先端が鍵爪状の鎖の能力。相手に巻きつけ、強制的に絶状態にして捕縛する。対旅団戦闘の要となる能力で、通常では考えられないほどの強力な念が籠められている。この鎖で捕らえられると念能力を封じられるため、解くには念を使わず筋力のみで鎖を破壊するしかないが、幻影旅団一の怪力を誇るウボォーギンでも、体を全く動かすことができなかった。
常時具現化しているものの、能力行使のハードルを自ら高く設定しており限定的。『律する小指の鎖』の念をクラピカ自身の心臓にかけており、「旅団以外に使ったら死ぬ」という縛りがついている。また対旅団という条件上、必ず緋の眼・絶対時間が併用される。

■導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)
右手薬指に創り出される、先端が球状の鎖の能力。クラピカ自身の集中力を高めることでダウジング効果を発揮する能力で、探し物を発見したり、相手の嘘を見抜いたり、地図にかざすことで人物の場所を見つけたりするなど多彩な使用法がある。飛んでくる銃弾を察知し受け止めるなど、戦闘時の防御にも応用できかなり柔軟性が高い。他の指の鎖の使用法が限定的であることもあり、クラピカが主力として使用する能力である。
嘘を見抜く能力は相手と直接対峙していないと使用出来ない。だが緋の目の状態になると精度が上がり、1度会ったことがある人間なら映像を通してからでも嘘発見が可能となる。機械以上に精度の高い判別が可能だが、超能力捜査であるため物証にはできない。また対象が操作されている・記憶を消されている・嘘を自覚していない場合など網羅できないパターンも予想され、100パーセントの確証にはならない。

■律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)
右手小指に創り出される、先端が刃の鎖の能力。対象者の体内に鎖を打ち込んで心臓に念の鎖を巻きつけ、設定したルールを対象者に宣告。対象者がルールを破った場合、鎖が心臓を握り潰して殺害する。常時具現化しているものの、能力は絶対時間中しか使えない(通常時では放出系や操作系の精度が足りないため)。他人にかけるタイプの念であり、一度打ち込みさえすればクラピカの意思で解除されるまで、いつまでも、どんなに離れても効果を発揮する。同時に複数人にかけることも可能。何らかの手段によって強制的に解除された場合、クラピカはそれを察知することができる。
クラピカ自身の心臓にも刺して「束縛する中指の鎖を幻影旅団以外に使ったら死ぬ」という条件をセットしている。
幻影旅団以外にも行使可能。当初は中指同様の制約「旅団以外に使ったら死ぬ」をつけて能力精度をカバーする予定だったが、自分に使うことが自己矛盾を内包するため(忠実に条件に則ると即クラピカの心臓が潰される)、制約を弱くして絶対時間中限定の能力になっている。

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。