TOP

【アリバト】ダルツォルネ「直情的な頭脳」性能・効果・評価【ハンターハンターアリーナバトル】

【所属GPリンク】
287期受験生 マフィアン 幻影旅団 フリー
【レアリティリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク
【アクションカードリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク

「直情的な頭脳」ダルツォルネ 性能

基本情報

ダルツォルネ
カード名 「直情的な頭脳」ダルツォルネ
レアリティ A
No. 106
所属GP マフィアンコミュニティー

攻撃性能

ATK 7 MAX ATK 10
能力 先走る功名心
念ダメージ 3ターンの間、念ダメージを2与え、念ダメージを2受ける
コンボ オーラヒット
念ダメージ 念ダメージを7与える

→ATKランキングはこちらから

→能力一覧はこちらから

→コンボ一覧はこちらから

コスト

合計コスト 所属GPコスト フリーGPコスト
0[GP] 0[GP] 0[GP]

スポンサーリンク

「ダルツォルネ」評価

5段階で評価をお願いします。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

詳細な評価は、下記のコメント欄にお願いします。

「ダルツォルネ」説明

ネオン護衛団リーダー。
直情型人間。功名心が先行する性格。自分の言うことを聞かずに敵に踊らされた仕事仲間を処分し、オブジェにして晒したうえで、補充メンバーの雇用テストを行った。予断を否定して防衛と迎撃重視の方針を取るが、欠点として情報収集による予防がおろそかになりがちである。
ヨークシンシティの地下競売場ではネオン護衛担当。その後、荒野でマフィアや陰獣を相手に無双するウボォーギンを目撃して驚愕する。クラピカが捕獲したウボォーギンをコミュニティーに引き渡そうとしたが、変装したフィンクスの手刀を受け命を落とす。
念能力は見せておらず不明。肉体はかなり鍛えられており、ライトによれば「銃弾10発食らっても平気」であるという。武器として刀を用いるが、ウボォーギンの肉体には全く歯が立たずに折れてしまった。
アニメ第1作では改変点が多い。ネオンの護衛にずっとついていたためクラピカのウボォーギン捕縛に居合わせていない。性格面も別物になっており、常に冷静な判断で動く切れ者になり、地下競売に赴いたトチーノら3人の死を察して悔しさに打ち震える描写も見られた。またウボォーギンを拷問する際に用いた武器が「念を補助する『神字』が彫られた刀」とされ、折れず僅かに傷を付ける(有効なダメージには全く至らず、「ナマクラ刀で5mmと進んでねえ」と酷評される)。またフィンクスの手刀で絶命せず、ネオンたちを逃がすためセンリツに連絡を入れた後足止めを図るも、先述の刀を奪われて刺殺される。
アニメ第2作の改変点としては、原作では処刑していた部下を、クラピカたちの雇用テストの時まで監禁して生かしていたという点がある。

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。