TOP

【アリバト】シャルナーク「人間シューティング」性能・効果・評価【ハンターハンターアリーナバトル】

【所属GPリンク】
287期受験生 マフィアン 幻影旅団 フリー
【レアリティリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク
【アクションカードリンク】
SSランク Sランク Aランク Bランク

「人間シューティング」シャルナーク 性能

基本情報

シャルナーク
カード名 「人間シューティング」シャルナーク
レアリティ A
No. 162
所属GP 幻影旅団

攻撃性能

ATK 4 MAX ATK 7
能力 次の人間探さなきゃ
ATK減少 相手の手札にあるキャラカードすべてのATKを-2する
コンボ オーラヒット
念ダメージ 念ダメージを7与える

→ATKランキングはこちらから

→能力一覧はこちらから

→コンボ一覧はこちらから

コスト

合計コスト 所属GPコスト フリーGPコスト
0[GP] 0[GP] 0[GP]

スポンサーリンク

「シャルナーク」評価

5段階で評価をお願いします。

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (2 投票, 平均: 3.00 / 5)
読み込み中...

詳細な評価は、下記のコメント欄にお願いします。

「シャルナーク」説明

団員No.6。操作系能力者。身長180cm。体重72kg。血液型O型。流星街出身。
旅団の初期メンバーの1人。愛称は「シャル」。一人称は「オレ」(アニメ第1作の第53話のみ「ボク」を使っている)。爽やかな好青年で比較的温和な性格、優れた思考力と分析力、そして多方面に対し様々な知識を持つ。プロハンターであり、ハンターサイトを通じて情報を得ている。言葉遣いは丁寧だが感情的になると荒くなる。旅団内では情報・処理部隊を担い、参謀的な存在としてクロロに代わり指示を出すこともあり、団員たちも彼の指示には文句なく従っている。自分の能力を替えが効く・他のメンバーの能力をレアと冷静に評価する。
第1作のアニメでは原作とは異なるカラーリングだったが、第2作では原作準拠となっている。
キメラ=アント編ではペルに捕縛されたが、自分自身にアンテナを刺す「自動操作モード」により窮地を乗り切っている。
クロロがヒソカと対戦するにあたって能力をクロロに貸し与えており、ヒソカ抹殺に貢献した。試合終了後、蘇生したヒソカにコルトピと共に殺害され、遺体はブランコに括り付けられた。

■携帯する他人の運命(ブラックボイス)
自作の携帯電話のアンテナを対象者に刺すことで操作する。アンテナは2本ある。
付属のコウモリ・ドラキュラ型アンテナを対象者の体に刺せば操作でき、アンテナが抜けるか対象者が死ぬ(シャルナーク曰く「壊れる」)と操作は解除される。遠隔操作(リモート)、自動操作(オート)の両方の操作が可能。携帯電話のディスプレイで、操作対象の状況(視界など)を確認することができる。

■自動操作モード
アンテナを自分に刺すことで、自分自身を操作する。オーラがはね上がり、自動で敵を倒す。完全な自動操縦で、モード中の記憶も消える。また反動が大きく、モード解除後はまともに動けなくなる。本当に追い詰められたときの最終技である。

コメントはお気軽に!

メールアドレスが公開されることはありません。